体育館の床工事はどんなことをやるのか|床金具・鋼製床下地・ウレタン塗装・スポーツコートライン施工について

   体育館組床式鋼製床下地施工

体育館の床下地は主に2種類あります。在来軸組工法のように大引きと根太で構成される床下地とベースパネルというボードと支持脚で構成される床下地です。前者を鋼製床下地組床式、後者を鋼製床下地の置床式といいます。
今回施工したのは、組床式の鋼製床下地になります。

体育館鋼製床下地組み施工・墨だしのピッチと大引きの設置について

体育館の新設床工事になります。支持脚を設置後、大引と根太を設置、鋼製床下地を組んだ後に捨て張りを行い、大型積層フローリングを貼っていきます。今回は、仕上げ部分を除き鋼製床下地の施工についてお伝えしていきます。
まずは、支持脚を設置するための墨出しを行います。

体育館組床式鋼製床下地施工

鋼製床下地組床式は支持脚に固定鋲(固定ピン)を打ち込んで固定します。脚のピッチ@900mm、大引きピッチは@900mm、根太ピッチ@303mmで設置していきます。支持脚にはボルトが着いていて回す事で高さを調整します。

体育館組床式鋼製床下地支持脚調整

支持脚の大引き受けにはゴムがついていて、ここに大引きを設置していくのですが、ある程度、固定しておく必要があります。大引きの自重によって傾くなど施工しにくいからです。

体育館鋼製床下地組み施工・レベル調整について

その後、根太を設置しますが、大引きの設置段階でレベルをしっかりと出しておかなければなりません。根太を設置してしまうと調整が出来なくなるからです。この辺のポイントは、木組みの床下地とそんなに変わりません。レベルを確認して調整が必要な場所はレベルを調整します。

体育館組床式鋼製床下地支持脚設置

体育館鋼製床下地組み施工・根太設置

根太は前述したように@303mmで設置しますが、鋼製床システムによっては300mmで設置することもあります。しかし捨て貼りで使うコンパネが尺モジュールかmモジュールかで加工しなければならなくなります。それでは、この広さを施工するのに大変です。
床下地システム毎で施工方法が違う場合があるので、どんな寸法の材料を使うのも考慮する必要があります。まぁ基本的なことなんですが・・・時々、改修現場で補強が入っていないことがありますが、たわみなどの原因になります。支持脚のピッチや根太のピッチは押さえておく必要があります。補強が必要な場所には必ず必要になりますから。

体育館鋼製床下地組み施工・コンパネ張り

最後に下地となる合板を貼っていきます。一般的な体育館では12mm、剣道場や柔道場では15mmの厚みのものを使います。実は過去の仕様と現在の仕様では、施工方法もかなり違うことがあります。その後使われるようになった体育器具類を使ってフローリングがボロボロになってしまうこともあります。
やはりコンパネは厚い方が強度が増しますよね!

関連記事

  1. センター内室内及び廊下スロープ鋼製床下地組み工事

    工期を短縮し強度の高い床スロープを設置した事例|床下地システムによる

  2. カーペット床改修工事、フローリング直貼り工事

    カーペットを剥いでフローリングを直貼りした床改修事例|既存の扉や壁との取り合いで注意しておきたいこととは?

  3. OAフロアレベル調整式新築工事

    オフィスレベル調整式OAフロア設置工事事例|OAフロアの施工単価はタイプで違う?平均価格は幾ら位なのか?

  4. 企業様オフィスOAフロア施工事例|コンクリート床からの寒さをどう防ぐ?断熱材パネルで冷気を流入させない改修方法

  5. 一般フロアー『GTダイレクト』/『GTクイーン』

    一般フロアー『GTダイレクト』/『GTクイーン』

  6. 体育館スポーツ施設フロア置き床、二重床、フローリング普通張り工事

    体育館床工事事例|鋼製床下置床式パネル施工は組床式と何が違うのか?工事方法のメリット・デメリットとは?

  7. 既存床改修フリーアクセスフロア施工

    置き敷式OAフロア工事事例|前もって知っておかなければDIYでの施工が無理になる?自分で並べるために押さえておきたい施工のポイントとは?

  8. 不燃床仕様『GTCSフロアー』

    不燃床仕様『GTCSフロアー』

  9. ドラッグストア従業員休憩スペースへの置床・乾式二重床工事

    1室の部屋を分けるために床スペースを区切った施工事例|従業員休憩場所を置床・乾式二重床施工で後付けで設置

  1. 25年の実績『ダイナクティブフロアーDXシリーズ』

  2. 銘木の美しさを追求『ダイナクティブフロアーE100シリーズ』

  3. 銘木の良さを最大限に表現『ダイナクティブフロアー彩』

  4. 突板の最高峰 天然木の魅力と機能を両立『ダイナクティブフロアー匠』

  5. 妥協なき意匠 味わい尽くすフローリング『ダイナクティブフロアー杢』

  1. 日数は、どの位かかるのフローリング工事!?

  2. 無垢フローリングと単層フローリングの違いとは

  3. 階下などに響く音

    推定L等級LL45と現場実測LL45では誤解を生む!床衝撃音低減性能「⊿L…

  4. 日本工業規格 JIS A 6519 : 2004 (概要)

  5. 衝撃吸収床材化粧シートフロア『衝撃吸収フロア ネクシオ』

  1. 医院新築に伴う置床・乾式二重床、フローリング根太張り及びOAフロア工事

    OAフロア・置床・乾式二重床施工事例|ニチアスオメガフロアの性能と…

  2. ゲストハウス新築工事、置床・乾式二重床、ダミー合板、捨て貼り、フローリング根太張り工事

    ゲストハウスフリーフロア施工|置床工法の自由度がデザイン性を高め…

  3. 高等学校新築工事、置床・乾式二重床及びOAフロア施工

    一つの空間にいくつもの段差をつくった施工事例|置床・乾式二重床シ…

  4. 体育館床改修工事、組床式鋼製床下地及びスポーツフロア工事

    体育館の床改修で使われる鋼製床下地の施工の流れとは?支持脚の設…

  5. エントランス床フロア研磨再生

    【床再生技術】フロアサンディング&コーティングで甦る木の美しさ…