ホテル置床・防振マット施工事例|パーティクルボードの重量は何kg?荷揚げ時に注意したいこと

   ホテル新築工事、置床・乾式二重床・防振マット施工

置床・乾式二重床システムをこれから現場で使っていきたい。従来の木組み下地から置床システムに変えていきたい。そんな方も少なからず居ると思います。この置床システム工期短縮やコスト削減にも繋がります。ただ荷揚げや施工時に注意しなければならない事があります。弊社の施工事例では、そんな事も載せています。

宿泊施設さまの置床|パーティクルボードの重さってなんkgなのか?

今回、ご紹介する現場はホテルの新築工事による置床施工になります。
まずは、パーティクルボードと支持脚の搬入をするのですが、これが以外と重いんです。今回使う20mm厚のパーチですが1枚あたり、約16kg以上あります。
ちなみに、その他のパーチの重さは

厚み サイズ 重量
20mm 600*1820 約16.5kg
25mm 600*1820 約18kg

弊社では、関東甲信越地域で床工事を依頼されることがあるんですが、こんな時に地域地域の荷揚げやさんを知っていればな・・弊社の基準で床の施工をしてくれる職人さんがいればな・・とか、施工のサポートしてくれる派遣やさんを知っていればな・・とか思うわけです。
あっ、もちろん弊社の施工を手伝ってくれる職人さんや請け負ってくれる職人さんも募集しています。お問い合わせください。

さて、現場は軽井沢なんですが、実はこれが有名中の有名ホテルなんです・・
ただ工期が急すぎて依頼を受けてから、な・なんと・・・来週からやってくれっていって言われたんでビックリしました‼
はじめは、1ヵ月後くらいだよって言われていたので、3週間以上前倒しになります。ここで、稼働するのが我々、現場管理です。なんとほぼ、職人あがりでパンクしそうになると現場出勤命令がでるんです!そして、施工を行いながら、あちこちに散らばっている職人さんの中で、ペースが順調な現場を探しだして応援してもらうんです。
ただ、この時ばかりは急だったので、私も1週間以上通いました。だから、体も筋肉痛で・・・
いつもなら、慣れてきた時には職人さんの段取りが済んだよーって連絡がくるんですが、中々、予定できなかったのか大変でした。

パーティクルボード及び支持脚・制振マットの荷揚げ

ホテル新築工事、置床・乾式二重床材料搬入

置床・乾式二重床を荷揚げしています。重量があるのでクレーンで吊っては間分けしていきます。

荷揚げは1度レッカーでスパンに仮置きして、室内へと運んでいきます。1部屋ごとに分けて置いていきます。この時、1場所にまとめて置くのは、あまりよくありません。先ほども書きましたが、1枚の重さが16kg以上もあるので、100枚あれば、それだけで1600kgにもなるんです。パーチは1枚約、1㎡です。例えばマンション1室が50㎡あれば、材料の加工もあるので50枚以上必要になります。1フロアに6室あれば、300枚以上必要になり、5t近くになります。この荷重を1箇所に掛けてしまうのは危険ですよね。だから出来たら間分けして置いていきたいんです。また、それだけ重量もあるので運ぶ時にも注意が必要です。

置床・乾式二重床施工

ホテル新築工事、置床・乾式二重床レベル調整作業

際根太の高さを調整して設置し、次に支持脚を調整していきます。

まずは、際根太を設置してパーティクルボードの高さを調整していきます。ドライバーやインパクトを使い、回して調整します。
こうやって、ひとつ一つの支持脚を調整していきます。レーザーを使うことで高さ調整が容易に行うことができます。

置床・乾式二重床施工後、制振マット施工

ホテル新築工事、置床・乾式二重床、防振マット施工

置床施工の後に制振マットを敷いていきます。

パーティクルボードの設置と支持脚の高さ調整が終わった後に、制振マットを敷いていきます。制振マットは、遮音性を更に高めることができます。
そのため、音に対して特に気を使うような旅行者向けのホテルなどで採用される傾向があります。

防振マット施工後・捨て貼り施工

ホテル新築工事、置床・乾式二重床、防振マット施工完了、捨て貼り完了

制振マットを敷くことで、遮音性能を高めます。

制振マットの施工後、針葉樹の12mmを貼っていきます。

置床・乾式二重床施工完成

ホテル新築工事、置床・乾式二重床、針葉樹合板捨て貼り完了

全ての置床・乾式二重床施工の完了です。

捨て貼りを全て行って完成です。置床工事のご依頼ありがとうございました。

関連記事

  1. フローリング床工事直貼り施工

    床暖房フローリング直貼り施工事例|床暖房に対応するフローリングを使わなければならない理由と施工の際に気を付けたいこと

  2. ゲストハウス新築工事、置床・乾式二重床、ダミー合板、捨て貼り、フローリング根太張り工事

    ゲストハウスフリーフロア施工|置床工法の自由度がデザイン性を高めて工期短縮も可能にした事例。

  3. 事務所既存OAフロア部分改修、新規支持脚及びパネル設置工事

    オフィスの模様替えによる既存OAフロアパネルの拡張工事事例|廃盤だったパネルを特注で別メーカーに作成依頼

  4. エントランス床フロア研磨再生

    【床再生技術】フロアサンディング&コーティングで甦る木の美しさと樹種の表情

  5. 統合中学校新築工事、フローリング捨て貼り釘打ち工事

    統合中学校新築フローリング施工事例|複合の表面に無垢材が貼り付けられたフローリングが無垢以上に人気の理由

  6. 体育館床フローリングウレタン塗装事例|どんな状態であればトップコートでのメンテナンスが可能なのか?

  7. フローリング直貼り完了

    針葉樹合板捨て貼り及びフローリング直貼り施工事例|シンプルなフォルムでありながら木目が美しい天然木の床材を使用

  8. 体育館組床タイプ鋼製床下地及び大型積層フローリング特殊貼り工事

    体育館の床ってどんな構造なのか?鋼製床下地組み及び大型積層フローリング特殊貼り仕上げの工事事例

  9. 小中統合学校新築工事、置床・乾式二重床工事

    小中統合学校の置床・乾式二重床工事事例|フローリングとタイルカーペットの下地となる針葉樹合板の捨て貼り

  1. 25年の実績『ダイナクティブフロアーDXシリーズ』

  2. 銘木の美しさを追求『ダイナクティブフロアーE100シリーズ』

  3. 銘木の良さを最大限に表現『ダイナクティブフロアー彩』

  4. 突板の最高峰 天然木の魅力と機能を両立『ダイナクティブフロアー匠』

  5. 妥協なき意匠 味わい尽くすフローリング『ダイナクティブフロアー杢』

  1. 日数は、どの位かかるのフローリング工事!?

  2. 無垢フローリングと単層フローリングの違いとは

  3. 階下などに響く音

    推定L等級LL45と現場実測LL45では誤解を生む!床衝撃音低減性能「⊿L…

  4. 日本工業規格 JIS A 6519 : 2004 (概要)

  5. 衝撃吸収床材化粧シートフロア『衝撃吸収フロア ネクシオ』

  1. 医院新築に伴う置床・乾式二重床、フローリング根太張り及びOAフロア工事

    OAフロア・置床・乾式二重床施工事例|ニチアスオメガフロアの性能と…

  2. ゲストハウス新築工事、置床・乾式二重床、ダミー合板、捨て貼り、フローリング根太張り工事

    ゲストハウスフリーフロア施工|置床工法の自由度がデザイン性を高め…

  3. 高等学校新築工事、置床・乾式二重床及びOAフロア施工

    一つの空間にいくつもの段差をつくった施工事例|置床・乾式二重床シ…

  4. 体育館床改修工事、組床式鋼製床下地及びスポーツフロア工事

    体育館の床改修で使われる鋼製床下地の施工の流れとは?支持脚の設…

  5. エントランス床フロア研磨再生

    【床再生技術】フロアサンディング&コーティングで甦る木の美しさ…