1室の部屋を分けるために床スペースを区切った施工事例|従業員休憩場所を置床・乾式二重床施工で後付けで設置

   ドラッグストア従業員休憩スペースへの置床・乾式二重床工事

オフィスを移転したけど、休憩室がなかったり、ちょっとしたスペースがほしかったり、床のスペースづくりで悩まれている方もいると思います。
実は、部屋の壁や床を解体してから、新たな間取りに変更しなくても、簡易的な方法でスペースをつくることができるんです。
今回は、置床・乾式二重床を利用して、一つの部屋に休憩室を設けた事例を紹介します。

置床・乾式二重床で床を区切り休憩スペースを設ける

工事自体はテナントをドラックストアにするための改修になります。
事務所のスペースがあるのですが大きなワンルームになっています。
休憩スペースもミーティングルームも飲食スペースも、給湯室も分けられていない状態です。
一部分を置床で床上げして、畳のスペースを設ける予定です。

畳の休憩室ってあると安らぎますよね〜!
柔らかくて心地のよい床材ですし、畳の香りにはリラックス効果があるので、休憩するのに適しています。
スタッフが疲れを癒して、リフレッシュしてくれるようなスペースになれば何よりです。

置床・乾式二重床を単体で仕上げた事例

まずは、床を嵩上げして平らにする必要があります。
際根太と支持脚、パーティクルボードを用いて、30cmほど高い床、フラットな床をつくります。
パーティクルボードを敷いた後は、畳の下地として針葉樹合板を貼っていきます。この合板を貼る事で、床の強度をより高めることができます。

ドラッグストア従業員休憩スペースへの置床・乾式二重床、支持脚パーチクルボード施工
今回は、床を畳にしますが、その他にもオフィスの床で使われている床材を紹介します。

置床・乾式二重床後の仕上げ床材

カーペット
カーペットは購入しやすいこと、自分で交換できることが魅力です。ホームセンターなどで購入できるので汚れたり、染みになっても部分的に交換すればきれいになります。
ただ、最初にグレードの高いものや、デザイン性の良いものを選ぶのであれば、予備品を購入しておくことがおすすめです。廃番になってしまうことも少なくないからです。
オフィスに使うカーペットは、静電気防止機能や防汚性能があるもの、耐久性が高くメンテナンスがしやすいものを選ぶことも大切です。
フローリング
フローリングは木質の床材です。自然素材を使いたい方におすすめです。高級感があり、温かみを感じることができます。
オフィスというよりは、役員室や応接室などで採用されていることが多いです。
デザイン性が高いもの、機能性が高いものがありますが、使用する環境に適したものを選んでください。
フロアタイル
フロアタイルはビニル系の床材です。
デザインや色彩のバリエーションが豊富で、表面の意匠は本物と間違えるくらいの品質があるものも。そのため、店舗や商業施設の床面に採用されることも多いです。
清潔で維持が簡単で、耐久性が高く、磨耗に強いため、人気があります。
ビニール床材
ビニール床材は、耐水性や耐久性に優れ、クッション性があるため快適な歩行感が得られます。
また、カラーバリエーションも豊富で、オフィスの雰囲気に合わせた色や柄を選ぶことができます。

パーティクルボードと、捨て貼りが完了したら、レベルを調整し水平にします。
その後、支持脚と、際根太部分に接着剤を流し込んでいきます。束が固定され動かなくなります。
また、床とも接着されます。この接着剤固まると凄く頑丈なんです。
そのため、床とも固定される感じなんです。

ドラッグストア従業員休憩スペースへの置床・乾式二重床、捨て貼り施工

この置床工事、床の高さを自由に変えることができます。間取りも自由度も高くなります。
今回の工事は、約12万円ほどでした。ただ、床工事の内容によって価格は変わります。
合板下地が必要なのか?必要ならラワンか針葉樹なのか?防音材は必要なのか?床断熱は必要か?仕上げの床材は何か?など床に求めることが分かれば、ある程度価格の想定できます。
また、壁先行か、床先行かでも費用が異なります。
一般的に、置床・乾式二重床に掛かる費用は、1平米あたり7千円〜1万円程度です。
ただ、上記の要素によって費用が異なるため、実際に見積もりを取ることが必要です。
耐久性の高い床はメンテナンスがほとんど必要なく、耐久性の低い床ほどメンテナンスが必要とされ、初期性能とメンテナンスコストは相関関係にあります。
初期の床の費用を抑えても、メンテナンスコストが掛かってしまうとすれば、長期的な視点での検討も重要です。

オフィス床に使われている色はどんな色、その効果とは?

ナチュラル
ナチュラル系の色(明るい木目調):床に明るい木目調の色を選ぶと、床全体が柔らかく自然な印象になります。また、落ち着いた雰囲気を醸し出すため、リラックス効果があるとされています。
ダーク
ダーク系の色(ブラック、グレー、ダークブラウンなど):床にダーク系の色を選ぶと、部屋全体がシックでクールな印象になります。また、モダンでスタイリッシュな雰囲気を醸し出すため、高級感や落ち着いた雰囲気を演出することができます。
ホワイト系の色(白、クリーム色など)
床にホワイト系の色を選ぶと、部屋全体が明るく清潔感のある印象になります。また、空間を広く見せる効果もあるため、小さな部屋でも広々と感じられます。
パステル系の色
(淡いピンク、淡いブルーなど):床にパステル系の色を選ぶと、部屋全体が柔らかく優しい印象になります。また、色味が抑えられているため、家具やカーテンなどの色をアクセントとして取り入れることができます。

おすすめの色としては、床の色を家具や壁などのインテリアと合わせて調和のとれた色を選ぶことが大切です。また、部屋の広さや光の入り方によっても、適した色が異なるため、十分に検討してから決定することをおすすめします。

関連記事

  1. プレフロアーは転倒衝突安全性・歩行感に優れています

    プレフロアーは転倒衝突安全性・歩行感に優れています

  2. ゲストハウス新築工事、置床・乾式二重床、ダミー合板、捨て貼り、フローリング根太張り工事

    ゲストハウスフリーフロア施工|置床工法の自由度がデザイン性を高めて工期短縮も可能にした事例。

  3. 介護老人保健施設居室、食堂、廊下、共同生活室、交流スペースフローリング直貼り工事

    介護福祉施設フローリング直貼り施工事例|単板むく材がシンプルだけど味わい深いあたたかみのある空間に

  4. コンクリートスラブで囲われた何もない空間

    壁が先か、床が先か、それは居室を作る順番・・・

  5. フローリング部材の紹介

    プレフロアー構成部材

  6. 体育館床フロアーコーティング

    体育館床のメンテナンスで回復させたい性能とは何か?耐久性・耐摩耗性・密着性・持続性・グリップ力などについて

  7. OAフロアオフィス改装、カーペット仕上げ

    共同カイテック社製溝配線タイプOAフロア施工事例|床上げ後の扉との取り合いはどうすればよいのか?

  8. 体育館改修工事、鋼製床下地組み及びスポーツフロア工事

    体育館床改修工事事例|フローリングだけでなく鋼製下地までスポーツフロア全ての撤去更新を行った理由とは?

  9. 体育館新設に伴う鋼製床下地組み工事

    体育館スポーツフロア施工事例|床の理想的なクッション性とグリップ力がプレーによる疲労度を軽減

  1. 【2024年最新】置床・乾式二重床メーカーの8選!それぞれの特徴とは…

  2. そもそも置床とは?乾式二重床・浮き床・OAフロアと何が違うのか?

  3. 浮き床工法で変わる!床リフォーム前に知るべき床下地工法それぞれ…

  4. 「置き床」って何?床の仕様決定前や床リフォーム前に知っておくべ…

  5. 剣道の試合場の作り方

    剣道の試合場の作り方を床のプロフェッショナルが解説

  1. 日数は、どの位かかるのフローリング工事!?

  2. 無垢フローリングと単層フローリングの違いとは

  3. 階下などに響く音

    推定L等級LL45と現場実測LL45では誤解を生む!床衝撃音低減性能「⊿L…

  4. 日本工業規格 JIS A 6519 : 2004 (概要)

  5. 衝撃吸収床材化粧シートフロア『衝撃吸収フロア ネクシオ』

  1. 医院新築に伴う置床・乾式二重床、フローリング根太張り及びOAフロア工事

    OAフロア・置床・乾式二重床施工事例|ニチアスオメガフロアの性能と…

  2. ゲストハウス新築工事、置床・乾式二重床、ダミー合板、捨て貼り、フローリング根太張り工事

    ゲストハウスフリーフロア施工|置床工法の自由度がデザイン性を高め…

  3. 高等学校新築工事、置床・乾式二重床及びOAフロア施工

    一つの空間にいくつもの段差をつくった施工事例|置床・乾式二重床シ…

  4. 体育館床改修工事、組床式鋼製床下地及びスポーツフロア工事

    体育館の床改修で使われる鋼製床下地の施工の流れとは?支持脚の設…

  5. エントランス床フロア研磨再生

    【床再生技術】フロアサンディング&コーティングで甦る木の美しさ…