フローリングリフォームの前に知っておきたい3つのこと

   

フローリングのリフォームについて

フローリングは、いくら綺麗に使っていても長年の傷みは蓄積されています。
新しくフローリングを貼ることでお部屋の印象はガラッと変わります。
霜鳥では、古くなったフローリングの張り替え、畳・カーペットをフローリングに張り替え、バリアフリー化リフォーム、床暖房へのリフォーム等幅広く対応させていただいています。ぜひ、ご相談ください。
床にきしみやたわみ・浮きなどの症状が出ている時は、フローリングリフォームを考えた方が良いでしょう。
フローリングリフォームでの最大のポイントは、その部屋に適した特性・機能を持った素材を選ぶことです。
マンションでの階下への騒音が心配という場合には、遮音フローリング、一戸建てで騒音の心配はないけど子供が走り回って危険という場合には、やわらかいタイプのフローリング、ペットがいて臭いやキズが気になるという場合は、アンモニア臭が残りにくく、キズも付きにくい性能をもったフローリングにするなどの選択肢があります。

床リフォームのタイミング

汚れやキズ、きしみが目立ち始めたらフローリングリフォーム時期です。
一般的には、築15~20年ほどの時期が、リフォームのタイミングと考えられます。
チェックッポイントとしては、表面のキズ、曲がり、反り、きしみ、落ちない汚れなどです。
フローリングの種類によっても修理方法や目安が異なりますので、ご自宅の床に合ったリフォームやメンテナンスが必要となります。
当然のことながら、早め早めにリフォームを行った方が一度ずつのコストは低くなるでしょうし、長く老朽箇所をそのまま放置しているとリフォーム工事が大きくなり一回分のコストは高くなってしまいます。

既存フローリング張り替え工事

古く傷んだフローリングを新しく張り替える場合、古いフローリングを撤去して張り替える方法と、撤去せずにその上に重ね貼りする方法の二つがあります。
どちらにもメリット・デメリットがありますが、その状況によって選択は変わります。
下地の調整なしに安易にフローリングを施工してしまうと、隣室や廊下との段差が大きくなってしまったり、床の沈みやきしみといったトラブルの原因となってしまいます。

関連記事

  1. フローリングの機能って!?

  2. フローリングの色合いや木目の表情は部屋の印象を左右する⁉無垢の樹種とデザインについて

  3. 床鳴りの原因とは?

  4. 流行りのフローリングとは!?

  5. 複合フローリングの種類

  6. 階下などに響く音

    推定L等級LL45と現場実測LL45では誤解を生む!床衝撃音低減性能「⊿L等級」とは?

  7. 畳にも使用できます

    プレフロアーの高い汎用性は様々な用途に対応しています

  8. 竹フローリング『バンブーフローリング』の特徴とは?

  9. コンクリートスラブで囲われた何もない空間

    壁が先か、床が先か、それは居室を作る順番・・・

  1. 25年の実績『ダイナクティブフロアーDXシリーズ』

  2. 銘木の美しさを追求『ダイナクティブフロアーE100シリーズ』

  3. 銘木の良さを最大限に表現『ダイナクティブフロアー彩』

  4. 突板の最高峰 天然木の魅力と機能を両立『ダイナクティブフロアー匠』

  5. 妥協なき意匠 味わい尽くすフローリング『ダイナクティブフロアー杢』

  1. 日数は、どの位かかるのフローリング工事!?

  2. 無垢フローリングと単層フローリングの違いとは

  3. 階下などに響く音

    推定L等級LL45と現場実測LL45では誤解を生む!床衝撃音低減性能「⊿L…

  4. 日本工業規格 JIS A 6519 : 2004 (概要)

  5. 衝撃吸収床材化粧シートフロア『衝撃吸収フロア ネクシオ』

  1. 医院新築に伴う置床・乾式二重床、フローリング根太張り及びOAフロア工事

    OAフロア・置床・乾式二重床施工事例|ニチアスオメガフロアの性能と…

  2. ゲストハウス新築工事、置床・乾式二重床、ダミー合板、捨て貼り、フローリング根太張り工事

    ゲストハウスフリーフロア施工|置床工法の自由度がデザイン性を高め…

  3. 高等学校新築工事、置床・乾式二重床及びOAフロア施工

    【文教施設】高等学校新築工事、置床・乾式二重床及びOAフロア施工

  4. 体育館床改修工事、組床式鋼製床下地及びスポーツフロア工事

    【スポーツ施設】体育館床改修工事、組床式鋼製床下地及びスポーツ…

  5. エントランス床フロア研磨再生

    【商業施設】エントランスへのフロアサンディング&コーティング