無垢フローリングのデメリット

無垢フローリングのデメリット

無垢の木は伐採後そのまま放置しておけば、曲りや割れといった形状の変化が発生します。
原因としては、木材内部に含まれた水分が時間をかけ乾燥を経て安定する過程で発生します。
フローリングの製造工程においては、乾燥釜による強制乾燥を施し12%~15%程度工場出荷段階)まで含水率を落として製造されますが、鉄やプラスチックのように均一化することはできません。
ゆえに無垢フローリングは一枚毎に若干の形状の誤差や曲りなどの特性があります。

商品を製造する過程で強制的に無垢材を乾燥させ形状の安定を図りますが、施工後の時間とともにフローリング内部の木材組織が収縮することによって隙間が生じます。
これは無垢材が性質上、乾燥を経て安定するという性質を持っているために発生する現象です。

無垢材の特徴である「吸湿効果」により一時的に現場での湿度を木材が取り込みフローリングが膨張することによって
発生するフローリングの「突き上げ現象」を避けるために施工する際にフローリングとフローリングの間に0.3~0.5mm程度の隙間を意識的に設ける施工手順を踏みます。
あくまで無垢フローリングの「膨張」による突き上げ現象を避けるための正しい施工手順です。

フローリングのお手入れがしやすくなる塗装

無垢フローリングを施工した後、生活していく中で傷やシミが付くということはあるでしょう。
そういった日々のお手入れが気になる場合にはフローリング表装面に塗膜系塗料を施した「UV塗装商品」を採用したほうが良いでしょう。
最近ではフローリング表装面の強度向上や美化を目的とした現場でのフロアーコーティングなどもあります。
ただし、無垢の木である以上鋭利な刃物、重量物による衝撃を受けた場合には傷は付きます。

無垢フローリングの上を歩いた際に床が「ギシギシ」という音が発生する現象を床鳴りといいます。
床材の床鳴りの原因はフローリング材と下地材(合板)の接着不良やサネ部分の接触によることが考えられます。
下地材(合板)と無垢フローリングの接着には、専用釘やウレタン系ボンド(弾性接着剤)の併用での施工が必須です。
サネ部分の接触による床鳴りの場合はある程度の時間の経過によってフローリングが収縮しておさまっていきます。

関連記事

  1. 流行りのフローリングとは!?

  2. 無垢材の魅力

  3. 複合フローリングに使われる基材

  4. 複合フローリングの種類

  5. コンクリートスラブで囲われた何もない空間

    壁が先か、床が先か、それは居室を作る順番・・・

  6. ペットにやさしい床材とは

  7. 複合フローリングのお手入れ方法

  8. 畳にも使用できます

    プレフロアーの高い汎用性は様々な用途に対応しています

  9. フローリング上張り工法『重ね張り工法』とは?